• ホーム
  • 性病の感染経路は性行為だけではない

性病の感染経路は性行為だけではない

性病の感染経路は性行為だけに限られるわけではありません。
たとえ性行為がなくとも感染する可能性がある性病もあります。
コンジローマのようなウイルス性の性感染症は性行為による感染が主要因となります。

しかし、コンジローマとは異なり、トリコモナスは、単細胞の原生動物に属するトリコモナス原虫によって感染する性感染症です。
トリコモナスも性行為によって感染する性病ではありますが、感染経路として、性行為だけではなく、下着やタオル、浴槽を通じて感染することもあるという点に特徴があります。
トリコモナス症は、女性の方が男性と比較して発症率が高く、女性が感染した場合、膣トリコモナスと呼ばれたり、トリコモナス膣炎と呼ばれたりすることもあります。

トリコモナス原虫は水のある場所で生きていくことができます。
そのため、公共浴場やプール、トイレなどが感染経路となる可能性がある性病です。
トリコモナス原虫は、人間の細胞の中でしか生きていけないウイルス性の性病と異なり、人間の身体から離れても、水の中であればしばらく生存することが可能です。

逆に言えば感想には非常に弱いと言えますが、公共のトイレ、トイレのウォシュレット、温泉に置かれた浴槽の椅子、家族で共有しているタオル、温泉施設のタオル、水着や下着の使い回しなどによっても感染する可能性がある性病です。
性行為がなくとも感染する可能性があるため、大人だけではなく子どもにも感染する可能性がある性病です。
幼い子供が普通に生活しているだけでも突然トリコモナス症になる可能性は十分考えられます。

女性の場合、特に、妊娠中は膣内の自浄作用が弱くなっています。
そのため、トリコモナス症に普段より感染しやすい状態となっています。
性行為などの感染経路でなくとも、上で説明したような感染経路によって感染する可能性があるため注意が必要です。
妊娠中にトリコモナス症となると、早産や流産のリスクにも繋がり危険性もあります。

トリコモナスはフラジールでの治療が有効

トリコモナスはフラジールでの治療が非常に有効です。
トリコモナス原虫に対して、殺虫的に作用します。
フラジールはメトロニダゾールを主成分とする薬剤で内服薬の他に膣に挿入するタイプの薬剤もあります。
病院に行った場合には、内服薬ではなく、フラジール(メトロニダゾール)のうち膣錠タイプのものが処方されることが多いです。
診断の際にそのまま膣内に挿入してくれます。

膣錠タイプのフラジールは、女性にしか処方されないため、男性の場合は、内服薬タイプのフラジールが処方されます。
吸収率が高い内服薬であるにも関わらず、注射したのと同じほどの高い効果を得ることができる薬です。

フラジールはトリコモナスという原虫には殺虫的に作用しますが、その他の菌には作用しません。
そのため、抗生物質のように根こそぎ良い菌まで殺してしまうこともなく、副作用も少ないことが特徴です。
内服薬として服用した場合、有効成分のほぼ100%が腸で吸収されます。

男性がトリコモナスに感染すると、その原虫は前立腺などにも感染している可能性があります。
そのため、男性のトリコモナス症を治療する場合には、内服薬の服用が不可欠となります。
女性の場合でも、尿路への感染の可能性があることを考えると、膣錠タイプだけではなく、内服薬の服用も必要である場合もあります。

トリコモナス症の治療に際して、フラジール(200mg)は錠剤2錠半を1日2回に分けて服用し、10日間服用し続けることになります。
用法・用量は医師からの指示通りに守ることが重要です。
自分だけの判断で服用をやめてしまった場合には、トリコモナス症が再発する可能性があるため、指示された期間服用を続けることが大切です。