• ホーム
  • コンドームは避妊だけでなく性病予防のために必須

コンドームは避妊だけでなく性病予防のために必須

最もポピュラーな避妊の方法として、コンドームを利用する人は多いです。
きちんと使用すれば、妊娠を防ぐことができるという理屈は正しいと言えます。
ただ、コンドームの利点は避妊に役立つことだけではありません。
性病の予防にもコンドームは必須と言えるアイテムです。

男性側と女性側を物理的に分けてしまうことができるコンドームは、性病の感染を効果的に防いでくれます。
性行為による性病の感染リスクが叫ばれて久しい昨今、気をつけるカップルは増えています。
日本人においても性病の感染は問題視されており、風俗店に行った男性や、おりものの色やにおいが変わったなどの女性は特に注意が必要です。
きちんと予防をすることはとても大切です。

日本人のコンドーム使用率は世界的に見ても高いとは言えず、半数以下というデータもあります。
ピルを使用する人もいますが、外に出すから大丈夫という意見がいまだに根強いです。
しかし、コンドームは、避妊はもちろん性病予防においても必須であることを考えると、この使用率は極端に低いです。

使用していたとしても、正しく使えている人もまた多いとは言えません。
射精をする直前にコンドームをつけるという人さえいます。
勃起して射精に至るまでの間にも、カウパーと呼ばれる液が漏れ出しています。
このカウパー液の中には精液や性病を引き起こす原因菌が含まれており、十分感染することが考えられるので、挿入する前からきちんと着用することが必須です。

勃起をしたらすぐにつけることが大切ですが、あまり早いのも良くありません。
十分に勃起していない状態でコンドームを着用すると、隙間ができたり途中でずれたり、最悪の場合中で外れてしまう場合もあります。
十分に勃起をしてからつけるようにしたいです。
コンドームの先には精液だまりと呼ばれる突起状の隙間があります。
これをきちんと押さえてから着用しないと空気が溜まり、途中で破裂してしまう可能性があることにも注意が必要です。

オーラルセックスではコンドームを付けてない人が多い

挿入の前にコンドームをつけることが重要ですが、その前の、愛撫の段階でも注意は必要です。
オーラルセックスの際はコンドームをつけていないという人は意外なほど多く、付けている人の方が少数派です。
ここが意外な落とし穴で、性病の観点から見ても大きなリスクを伴います。

オーラルセックスの際、例えば男性側が性病に感染していたとして、その時に精液が女性の口から喉へと入り、粘膜のわずかな隙間や傷口から感染してしまうこともあります。
逆もまた然りで、女性の喉が性病に感染してしまっている場合に男性側に感染させてしまうことも考えられる事態です。
男性は風俗店などでオーラルセックスをした場合に感染することが多く、特に注意が必要です。

喉の粘膜は性病に感染しやすい部位と言えます。
オーラルセックスをする場合は妊娠の可能性がないだけに、油断をしてコンドームをつけないというカップルが多いです。
また、単純にコンドームをすると気持ち良くないという理由も多く挙げられます。
女性側からもコンドームの感触や味、においが苦手だという声も聞こえてきますが、最近ではフルーツ味のものも販売されています。試してみると良いです。
コンドームなしのオーラルセックスは性病に関してはリスクが高いことを知らなければなりません。

きちんとしたコンドームの使用方法や使用をするタイミングを理解すれば、性病を予防することが可能です。
オーラルセックスの時でも、きちんとつけるように注意が必要です。
性行為の後も気をつけるべきタイミングと言えます。
男性は性行為が終わると急速に勃起がおさまっていきます。
性行為の後余韻を楽しみたいというカップルも多いでしょうが、中で外れてしまったり漏れ出したりすることがあるので、速やかに処理をすることが大切です。
正しくコンドームを使い、避妊にも性病の予防にも役立てたいです。